Since 1975

        <tr>

          <td><div align="right"><a href="../keii/index.html"><img src="../index_image/menu_1.gif" width="200" height="25" border="0"></a></div></td>

        </tr>

        <tr>

          <td><img src="../index_image/toumei.gif" width="1" height="10"></td>

        </tr>
役員
 
 
 
   
 Zoo教研の未来に向けて

 

日本動物園水族館教育研究会 高橋宏之

 

 

はじめに

1975年 日本動物園教育研究会 発足

(初代会長 遠藤悟郎 東京都恩賜上野動物園)

(事務局:日本モンキーセンター)

(第2代会長 広瀬  鎮 日本モンキーセンター)

 

1988年 日本動物園水族館教育研究会に名称変更(第28回)

(第3代会長 香川洋二 栗林公園動物園)

(第4代会長 高田浩二 海の中道生態科学館)

 

2009年 第50回大会

(1975〜1989年まで年2回実施)

 

2014年 第55回大会(仙台)

 

2015年 Zoo教研設立40周年記念大会(第56回)(沖縄)

 

動物園・水族館教育の前進に向けて

国際化:

 国際動物園教育者協会(IZEA:International Zoo Educators Association)やアジア動物園教育者会議(AZEC:Asian Zoo Educators’ Conference)等との協力強化

 

関係団体との連携:

 日本動物園水族館協会(JAZA)、動物や自然環境の保全教育に関わる学会・

 諸団体との連携強化

 

学会化:

 動物園・水族館教育研究のさらなる普及と専門性向上のため の仕組みづくり

 

役員 : 6つの担当制

@年次大会担当(年次大会の準備・実施)

A広報普及担当(Zoo教研のウェブサイトの充実、ニュースレターの発行)

B編集担当(研究会誌の充実・発行)

C国際交流担当(IZEやAZEC等の関連団体との連携強化、 国際会議への参画)

D法務・会計担当(より充実した組織体制づくりに向けた 法務・会計面での見直し)

E組織改革担当(学会化へ向けた準備)

年次大会担当

担当役員:

三宅基裕(副会長・海の中道海洋生態科学館)、 外平友佳理(到津の森公園)、

古川健(事務局長・アクアマリンふくしま)

 

役 割:

年次大会と総会の開催場所、時期と日程、及び内容を調整・検討し、多くの参加者が集い円滑に執り行われる会にする。

全ての参加者が楽しく、同時に動物園水族館教育における様々な学術的知識を得ることができ、かつ建設的な議論を行える年次大会にする。

広報普及担当

担当役員:

赤見理恵(日本モンキーセンター)、三浦乃莉子(自然教育研究センター)

 

役割:

会員、大会参加者、入会を検討している方の利用を想定し、 過去の情報を含め大会報告の掲載、過去の要旨集の再掲載、動物園・水族館教育に役立つリンク集の作成など、公式ウェブサイトの充実に取り組む。

編集担当と連携し、ニュースレターの発行なども視野に入れた会員への情報提供と、対外的な広報普及活動について検討。

編集担当

担当役員:

金尾滋史(滋賀県立琵琶湖博物館)、地村佳純(碧南海浜水族館)、

松本朱実(動物教材研究所pocket)

 

役割:

これまでの研究会誌の内容を見直し、より多くの会員が学術的な議論をはじめ、有益な情報共有、情報交換ができるようコンテンツの充実化を図る。

投稿された論文の一部は査読、校閲を行なうことで研究会誌によりふさわしい内容に質を向上させるとともに、はじめて 論文を執筆する方へのサポートを充実させることで、多くの会員に投稿してもらえる体制をつくる。

広報普及担当と連携し、ニュースレターなど定期的な情報発信ができる媒体も検討。

 

国際交流担当

担当役員:

長倉かすみ(副会長・(公財)横浜市緑の協会)、高橋宏之(会長・千葉市動物公園)

 

役割:

International Zoo Educators Association (IZE)をはじめ、世界各地域の動物園水族館教育に関する機関・団体等との情報交流を図り、会員に広く国際情勢について情報提供を行う。

IZEの隔年会議等、動物園水族館教育に関する国際会議をZoo教研が主体となって開催できるよう調整を図る。

法務・会計担当

担当役員:

牧慎一郎(大阪市天王寺動物園)、 佐渡友陽一(日本平動物園ガイドボランティア)

 

役割:

10年間改正されておらず、雑ぱくとした従来の会則を全面的に見直し、会則および細則として整理。

会長・運営委員・事務局の運営が会員の付託に応えているか、法令等から鑑みて適切であるかどうか監査する。

組織改革担当

担当役員:

奥山英登(旭川市旭山動物園)、西村千尋(長崎県立大学)

 

役割:

これまでの研究会を「公的学会」とするために、日本学術会議に対して日本学術会議協力学術研究団体として認定申請する。

日本動物園水族館協会をはじめ、我が国における環境教育・理科教育・保全教育などに関する学会・諸団体・諸機関との連携を図る。

 

 

今後の予定

2014年12月14日     仙台大会(第55回)・総会

               :会則改正,選挙管理委員会設置

2015年           AZEC(ソウル大会)

2015年晩秋〜初冬   40周年記念大会(第56回)(沖縄)  

               :役員選挙,学会化審議

2016年9月2日〜6日  IZE(アルゼンチン大会)

2016年初冬       新潟大会(第57回)・総会

              (学会として初大会になるかも)

2024年          第23回IZE日本大会を目指す

 
 
 
   

【会員専用ページ】

Copyright 2016 JZAE, All rights reserved.
日本動物園水族館教育研究会 事務局 アクアマリンふくしま